腰痛・ぎっくり腰

腰痛は治らないと思っていませんか!?

あきらめないでください。

  • 朝起きると腰が痛い
  • 同じ姿勢が多く、頻繁に腰が痛む
  • 慢性の腰痛なので改善をあきらめている
  • マッサージしてもすぐに辛くなる
  • 突然ぎっくり腰になってしまった

腰痛・ぎっくり腰はなぜ起こるの?

腰痛には様々な原因がある
一般的に腰痛の原因は、腰部の筋肉に由来するもの、腰椎(骨)に由来するもの、周辺の神経に由来するものが大半を占めますが、中には内臓疾患(腸や腎臓、女性であれば子宮や卵巣)に由来するものや、骨盤への癌の転移、ストレスも腰痛の原因になるといわれており安易な自己診断は大変危険な場合もあります。

腰の筋肉への負担に寄る腰痛

腰の筋肉に負担が蓄積されて腰痛が起こるケースです。

  • 骨盤、背骨の歪み
  • 妊娠、出産後の骨盤の歪み
  • 筋肉の緊張や捻れによる刺激
  • 長時間の姿勢維持
  • 体重の増加

急な衝撃による急性腰痛(捻挫)

腰に瞬間的な痛みが走り、起こる腰痛で、ぎっくり腰もこの一種です。

  • 準備もなく重たい物を持ち上げた時
  • 急に体を捻った時
  • くしゃみをした時
  • 靴下を履いた時
  • 前かがみになった瞬間

身体バランスの乱れによる腰痛

身体の左右バランスが悪いと筋肉が緊張して硬くなり、痛みへと変化していきます。

  • ゴルフで同じ方向だけにスイングする
  • 足を組む癖がある
  • カバンをいつも利き手に持つ

腰痛・ぎっくり腰が改善しない・悪化する理由

腰痛が治らない理由は3つあります。

1生活スタイルの変化による不可の増加。

2運動不足による筋力の低下。

3骨盤の関節からくる腰痛。

※この場合、病院でレントゲンをとっても原因が分からないことが多いです。

腰痛の治療法は?

クラシオングループ院では、あなたにあった治療法を
当グループではマッサージや温熱治療、鍼灸治療や先進電気治療、矯正治療を患者様の症状により組み合わせた「オーダーメイド治療」を行っています。また、患者様皆様が一様に心配される「痛くないですか?」も心配ありません。多くある治療のラインアップから選択しますので、無理なく、辛くなく続けていただくことができます。

ぎっくり腰の治療法は?

腰椎・骨盤調整で改善
いきなり施術に入るのではなく、骨盤と背中の歪みを整えた上で、腰の施術に入ります。

なぜ、その治療法が腰痛にいいのか?

治療後は良いがすぐ元に戻ってしまう・・・
治療方法を決定するためにはまず原因を特定しなければなりません。筋肉由来の腰痛が大半を占めますが、硬くなった筋肉が痛みの原因ということは比較的容易に判断できても、「なぜ筋肉が硬くなったのか」が分からなければ、いわゆる対症療法になってしまいます。

なぜ、その治療法がぎっくり腰にいいのか?

早期の改善へとつながります
身体の左右前後のバランスをよくするべく全身の筋肉の調整を行います。
この施術自体の効果はもちろん高いのですが、しっかりとお一人お一人お話を伺ってその方にあった施術をすることが早期の改善へとつながっています。

クラシオングループ院の「腰痛治療」はここが違う
「柔らかくなった筋肉を柔らかいままにする、硬くならないようにする」に重点を置いた治療を行っています。これにより腰痛の起こりにくい腰を作ることが可能となります。

悪い姿勢の癖を消し、正しい時の姿勢を思いださせる
私たちはまず腰痛の原因となりうる患者様の姿勢の「癖」を客観的に判断し、患者様に示し、正しい姿勢と現在の姿勢の違いを体験していただきます。

その治療を受けるとどうなるのか?

悪い姿勢に違和感を感じ、自然と正しい姿勢に戻る
正しい姿勢が身についてくると、誤った姿勢に今度は違和感を感じるようになり自ら正しい姿勢をとろうとします。この状態を維持できるようになると、誤った姿勢が原因で起きた腰痛は治まり、正しい姿勢を続けている間は腰痛の起きづらい体環境を作ることができます(=予防)。

施術の流れ

  • 1.受付

    施術の流れ_1受付

    問診票の記入をお願いします。

  • 施術の矢印
  • 2.カウンセリング

    施術の流れ_2カウンセリング

    問診票を元に、詳しく症状などについて質問させて頂きます。

  • 施術の矢印
  • 3.検査・説明

    施術の流れ_3検査・説明

    症状により簡単な検査、身体全体の検査等を行います。

  • 施術の矢印
  • 4.施術

    施術の流れ_4施術

    あなたの症状に合わせて、オーダーメイドの施術をします。

  • 施術の矢印
  • 5.今後の施術方針

    施術の流れ_5今後の施術方針

    今後のアドバイス、アフターケアなどについて説明します。

  • 施術の矢印
  • 6.お大事に

    施術の流れ_6お大事に

    どうぞお大事に。

受付の流れ

  • 1.お電話ください

    予約の流れ_1

  • 予約の矢印
  • 2.予約時間をチェック

    予約の流れ_2

  • 予約の矢印
  • 3.来院

    施術の流れ_3